包茎手術 Top > 包茎の疑問 > 性病になりやすいってホント?

性病になりやすいってホント?

包茎だとSTD(性感染症)になりやすいと言われることがありますが、
これは本当なのでしょうか?

包茎だと、亀頭と包皮の間にカス(恥垢、チンカス)が溜まりやすくなります。

いつもキレイに洗うことで清潔に保つよう心がけることは非常に大切なことなのですが、常にムケているペニスと比べるとどうしても恥垢は溜まりやすくなってしまいます。

恥垢(ちこう)は、尿や精液のカスが乾燥して固まった垢(あか)で、時には牛乳が腐ったような、チーズのような強いにおいを発します。 もう一度言いますが、恥垢とは垢(あか)なのです。

つまり、恥垢は“垢(あか)”ですから、汚いものをたくさん含んでいるのです。
恥垢が原因で雑菌性の亀頭包皮炎や、ウイルス性の性器コンジローマを引き起こすこともあります。

性器コンジローマ(尖圭コンジローマ)は性感染症(性病、STD)のひとつで、 性器にイボができるウイルス性の病気です。

主に性交渉で感染する病気なのですが、問題は、恥垢にその原因菌(ウィルス)が溜まってしまうことなのです。

ムケたペニスに比べ、原因となるバイ菌が溜まりやすくなるわけですから、性病(STD)になる可能性が高くなってしまうことは事実です。

こうならないためにも常に亀頭を清潔に保つように心がけることは大切なことなのです。

・・といっても、一日何回もお風呂に入れるわけでもないので、それほど神経質になる必要は無いかと思いますが、お風呂に入ったとき、シャワーを浴びたときにはキレイにするように心がけてください。