包茎手術 Top > 包茎とは? > 包茎は病気なの?

包茎は病気なの?

包茎は病気ではありません。

病気ではないのですが、包茎であることでいろいろなデメリットがあることは確かです。

不潔・におい

いつも亀頭が包皮に覆われているので、亀頭と包皮の間、亀頭の裏側にカス(恥垢 、チンカス)が溜まりやすく細菌の発生源となります。

恥垢(ちこう)は、尿や精液のカスが乾燥して固まった垢(あか)で、時には牛乳が腐ったような、チーズのような強いにおいを発します。

余談ですが、女性にも恥垢はあります。よく女性器はチーズのような臭いがすると言われることがありますが、この臭いの一因は恥垢なのです。もちろんこれだけが原因ではありませんが・・・。
ちなみに女性の場合は陰核(クリトリス)付近に恥垢が溜まりやすいようです。

また、恥垢は“垢(あか)”ですから、汚いものをたくさん含んでいます。
恥垢が原因で雑菌性の亀頭包皮炎や、ウイルス性の性器コンジローマを引き起こすこともあります。
最近の研究では恥垢が陰茎癌(がん)の原因物質とも考えられています。

このため、毎日包皮をむいて亀頭のまわりをキレイに洗い、いつも清潔にペニスを保つよう心がけましょう。

真性包茎で、包皮をむくのに痛みをともなう人は、勇気を出して医師に相談することをオススメします。